Elderly care

将来のことを見据えて高齢者住宅を探しておこう!

老後の暮らし方を考える

気候と交通アクセス

複数の人

近年、老人ホームの不足が顕在化しています。
日本の高齢者層の経済状況は多様化しており、貯蓄の多い層と生活保護を受ける層に二極化する傾向が見受けられます。
老人ホームで重要なことは入居金に加えて気候や交通アクセスが老人向きであることが重要です。
静岡は気候が温暖で新幹線も静岡県内で6か所停車することで交通アクセスにも恵まれています。
特に静岡県の太平洋側は冬暖かく高齢者の生活に適しているため、老人ホームの設置が進んでいます。
核家族化の進展によって独居で生活している高齢者の増加が社会問題化する中で、老人ホームのサービスも多様化しています。
比較的料金の高い老人ホームでは健康な高齢者を受け入れて良質な食事や適度な運動をする設備を提供することによって、充実した生活が送れるようになっています。
IT技術の発達によって見守りについても工夫が施されており、家族が安心して任せられる施設となっています。
静岡には医療施設の集積も進んでおり、老人ホームと医療施設の連携によるサービスの向上も進んできています。
しかしながら静岡の一般的な老人ホームは適正な入居金の設定となっており、気候温暖な部分を除くと首都圏の老人ホームとサービスの内容が差別化されているわけではありません。
また、老人ホームに家族が訪問する際には交通アクセスが重要となっています。
静岡は新幹線の鉄道でも東名高速を利用する車でも最適なアクセス状況を保持しています。

各施設の月額費を比較する

複数の人

静岡で有料老人ホームを探す時に気になるのが入居金や月額費でしょう。
入居金0円の施設から月額30万円以上するハイクラスな施設まであります。
入居金0円の施設は気軽に申込みやすく、人気となっていますが、現在はハイクラスな施設も人気が高まっています。
また、入居一時金が1000万円以上必要な施設もあります。
ハイクラスな施設は看護体制や介護体制が整っており、健康に不安を感じている方には安心して暮らせるでしょう。
月額利用料は静岡の老人ホーム、プランによって異なりますが、20万円前後が相場です。
また、二人部屋になると30万円以上する施設もあります。
入居金や月額費を抑えて入居できる施設を探している方には入居金0円、月額15万円以下の施設を静岡で探す事も出来ます。
月額費が安くても看護体制や医療サポート体制が整っているので安心して入居できます。
ただ、静岡のすべての老人ホームで介護が必要な方や支援が必要な方を受け入れているわけではないので入居する前に確認する事が必要です。
介護や支援が必要な方を受け入れていない施設は入居金や月額費が安くなる場合がほとんどです。
健康に自信のある方や生活するのに支障がない方ならこのような老人ホームを選ぶ事も出来ます。
また、入居する前に気になる施設の評判を調べたり、複数の施設を比較して決めるのもいいでしょう。
施設内の雰囲気や設備、必要な費用などを比較できますし、周辺環境や施設までのアクセスなども参考にできます。

介護施設のタイプ

男性と女性

静岡には高齢者介護施設が点在しています。
しかし、これら老人ホームの運営形態は異なり、提供されるサービスにも違いが見られるのです。
静岡の老人ホームに入居を希望する場合、これらの特徴を明確にしておくことが大事です。
静岡を含め、老人ホームには一般的な賃貸住宅のようなシステムを採用している施設があります。
これは食事をはじめ日常生活に必要な介護サービスを受けることができ、それぞれの健康状態に合わせて適切なプランが組まれるものです。
万が一、専門性の高い介護ケアが必要な場合は民間企業のサービスを受けることも出来る為、個々の状況に応じた利用が可能です。
そして、静岡の老人ホームには介護サービスの提供を基本としている施設も存在します。
これは家庭での自立した生活が困難で、基準を超える支援が必要な場合に利用できる施設となります。
特に、要介護の認定基準を満たし健康管理が必要な場合に入居する事ができ、食事や入浴など日常生活のサポートだけではなく、二十四時間体制の介護が提供されることが特徴です。
そして、静岡の老人ホームには身体に問題の無い高齢者が利用できるタイプが見受けられます。
こちらの施設は要介護の認定度が低く、自立した生活を送ることが可能な高齢者が利用しています。
これは高齢者の生活をより充実したものとし、社会の中で孤立させない事も目的とされているのです。
しかし、何らかの医療的なケアが必要となった際には老人ホームを変えなければならないという特徴も持ちます。