Elderly care

将来のことを見据えて高齢者住宅を探しておこう!

60歳過ぎたら検討すべき

将来のことも考えて選ぶ

老人

高齢になると階段の昇り降りが大変になってきたり、わずかな段差でもつまづきやすくなってきます。
その為60歳を過ぎたらバリアフリーで安全に住める高齢者住宅への転居を考える人が増えてきます。
高齢者住宅は毎日の安否確認を行うことと、段差がなく手すりなどが設置してあることが条件となっていますが、その他のサービス内容は住宅によって大きな差があります。
入居する前にどのようなサポートを受けられるのか確かめておいた方が良いでしょう。
ほとんどの高齢者住宅が食事の提供を行っています。
しかし家事の補助や介護を行っている高齢者住宅は半数程度です。
入居時には健康で身の回りのことは全て自分で出来ても、もっと年をとると自分で家事を行うのが億劫になることもあります。
そういった時はどのようにするか考えておくことが大切です。
また高齢者住宅の場合には介護を外部の介護事業者に委託していることが多いので、要介護度があがるとそれだけ費用が高くなります。
高齢者住宅の経営者の中には老人ホームを経営しているところもあり、要介護度が高くなった場合には系列の老人ホームにうつることができるところもあります。
今のことだけ考えて選ぶのではなく、将来の事も考えて高齢者住宅を選ぶことが大切です。
サービス面だけではなく他にどんな人が住んでいるかや、スタッフの対応なども確かめておく必要があります。
体験入居を受け付けているところも多いので、気に入った高齢者住宅があれば体験入居をして住み心地を確かめてみると良いでしょう。

事業者によって内容が違う

室内

高齢者になると自分で身の回りの世話ができなくなったり、介護が必要になったりします。
そのような場合は老人ホームへ入居するのですが、数が足りなくて入居待ちの状態が続いています。
そこで考え出されたのがサービス付き高齢者住宅です。
このような高齢者住宅は入居者が要介護状態になっても追い出されることはなく、食事や健康などに生活相談ができるようになっています。
色々な事業所が高齢者住宅を運営していますが、介護サービス付きのものや自立型の高齢者住宅もあります。
自立型の場合はシニア向けの分譲マンションなどもあります。
このようなマンションは身の回りの世話を自分でできる人だけが入ることができます。
サービス付き高齢者住宅は自立できる人、要支援、要介護の高齢者が入居できます。
入居時には敷金が2ヶ月分程度必要で、10万円ぐらいから入居できます。
食事付きの場合はその費用が加算されます。
介護サービスが必要な場合は外部の事業所を利用する場合もあるので、その費用も必要になります。
サービス付き高齢者住宅へ入居できるのは60歳以上の人で、基本的には要支援や要介護の認定を受けている場合です。
配偶者や親族などが同居することもできます。
基本的な設備はバリアフリーですが、運営する事業所によっても変わってきます。
トイレと洗面所は各部屋にありますが、浴室は共同になっている所が多いです。
入居希望者は各事業所が運営している高齢者住宅に直接申し込みます。
家賃やサービス内容などを比較して、自分に合った所を選ぶようにしましょう。

有料老人ホームより安価

シニア

高齢者住宅のような介護施設というものは、長時間過ごす場なので慎重に選ぶ必要があります。
高齢者住宅にはどのようなメリットがあるのかというと、それは有料老人ホームと同等のサービスを受けることができるにもかかわらず、初期費用が安いということです。
サービスについては、たとえば、介護職員は24時間常駐ですし、日中は看護師が常駐しています。
初期費用については、高齢者住宅の場合は敷金だけです。
金額は有料老人ホームの2分の1から3分の1程度で済みます。
また、高齢者住宅は外部の介護サービスを受けることも可能です。
たとえば、それまで自身が利用してきた介護サービスを継続して受けたいと希望している人は、入居してからも継続してサービスを受け続けることができるのです。
ただし、これは条件があります。
それは特定施設入居者生活介護の指定を受けていない高齢者住宅に限ります。
さらに、自由度が高いこともメリットの1つとして挙げられます。
基本的には自分の好きなときに外出することができますし、施設内にはキッチンがありますので、自分で食事を作ってもかまいません。
意外に思われるかもしれませんが、外泊をすることも可能です。
他にも、夜間ではスタッフが安否確認を行っていたり、定期巡回などもしているので、夜間に何かあっても対応できます。
高齢者住宅にはこのようなメリットがあります。
入居者は安心して一日を過ごすことができるので、迷っている人は是非検討してみましょう。